キャリアプラン/サポート

キャリアプラン/サポート

キャリア開発について

アビストは、自主自律人材の育成という基本方針のもと、社員一人ひとりのキャリアアップを図っています。
技術職には、その技術力、問題解決力、貢献度、協調性等により複数のランクを設定し、
各技術社員はコンピテンシーモデルにのっとってランクアップしていきます。

コンピテンシーモデルの例

技術職 上級
・困難な例外事項または複雑、高度な案件等も対応できる。
・問題を起こした部署に異動したような場合でも、つねに何かを学ぼうと自らを
 動機づけ、問題解決を通して信頼を得ることができる。
技術職 中級 ・困難な例外事項も、上司の支援を受けて処理できる。
・担当業務の課題を発見し、改善に向けた提案、実践ができる。
・仕様検討や量産対応などの打合せをおこなうことができる
技術職 初級 ・自ら考えて仕事をすすめることができ、疑問点があれば、質問して解決できる。
・仕事に対してのモチベーションが高く、前向きにスキルアップする姿勢がある。
・提出物も期限内に行い、いろいろな業務をやろうという積極的姿勢がある。

仕事内容については、一口に技術職といっても、専門的な技術をつきつめる、請負設計チームの管理者になる、
それぞれの技術社員のスキル管理をする、営業職にキャリアチェンジする、などという様々なキャリアパスが
存在します。
社員は仕事経験を通して自らの強みや適性を把握し、キャリアを積み上げていきます。
キャリアを積み上げていくにあたっては、所属する部署の責任者、各社員のスキルを把握しているスキル管理者、営業担当者といったスタッフが全面的に協力します。

キャリアパスの例

キャリアパスの例キャリアパスの例

このページの先頭へ