社員からのメッセージ

社員からのメッセージ No.1 倉永大地社員からのメッセージ No.1 倉永大地

入社理由・新人時代の思い出

「自分で設計したものが、
形になるのを見てみたかった」

大学で機械工学を専攻していたため、図面の作成や設計の仕事に携わりたいと考えていました。大学でも設計について勉強することはあったのですが、それを実際に作るまではいきません。自分が設計したものが実際につくられ、形になるのを見てみたいという気持ちが強かったですね。また、アビストなら、派遣や請負という形態で、いろいろな現場のスキルを学ぶ機会があるのが魅力でした。
入社後、携わることになったのは自動車のエアコンに使う樹脂の金型の設計でした。正直に言うと私は車にあまり興味がなくて、わからないことも多かったですね。自動車に詳しい同期にいろいろ教えてもらったりして、周りの人に助けられました。

従事している業務

「量産されているモーターの
生産を維持していくための仕事」

モーター開発に従事して15年以上になります。主に工業用の工作機などを動かすためのもので、手のひらより小さいサイズのものから1トンもある大きなものまで設計します。
ずっとモーターと向き合っていますが、今は量産モーターの維持対応がおもな仕事です。
カタログに掲載されている商品のため、月に何千何万という数が作られているのですが、この量産をうまく維持するために設計、検討を行っています。
パソコンとにらめっこする毎日ですが、現場や各部門としっかり連携することも大切な仕事の一つです。

仕事のなかでの工夫

「話がしやすい環境を作るために『聞く』を大切に」

コミュニケーションが大切だと思っています。しっかり話をする、話を聞くというのが大事ですね。
特に「聞く」を意識しています。
「こうしたらいいよ」とつい口を挟みたくなる場面はありますが、その気持ちを抑え、本人の意見をすべて聞いたうえでアドバイスするようにしています。
さらに考えてもらいたい、という意味もありますが、話しやすい環境であり続けることが大事。困ったときにはすぐに相談できる環境を作っていければと思っています。

やりがい

「会社の売り上げを左右する仕事と向き合う責任感」

以前はカスタムのモーター設計が担当だったため、実際にものが完成するのを目にするという喜びがありました。
設計段階で「ここは実際に作るのが難しいんじゃないか」と懸念していた部分がしっかりと出来上がっているのを見て、作業者の技術に感動したことを覚えています。
現在は量産品を維持する仕事のため、以前とは楽しさのポイントが違いますが、量産品は会社の売り上げを左右する製品でもあります。そういう意味での責任ややりがいも感じていますね。

今後の目標

「技術力を継承していきたい」

今まで自分が培った技術力を継承していきたいですね。
後輩に教えることによって、自分にとっても技術向上につながると思います。
そして、もちろんチームワークも意識したいです。
周囲とのコミュニケーションを大切にしながら、良好な関係を築いていくことも大事だと思っています。

就職活動中の皆様へメッセージ

何事もアピールすることが大事!自分のことをうまく表現することは大切ですね。あとはチャレンジの気持ち!失敗は誰しも嫌なものですが、その経験は絶対にプラスになります。失敗を通して自分の力になることもあるはずと、考えを切り替えられるといいと思います。 技術は仕事の中で身につけることができますし、アビストは先輩方にも相談しやすいサポート体制が整っている会社。知識や技術は心配せず、まずはチャレンジの気持ちを持ってほしいです。

このページの先頭へ