社員からのメッセージ

社員からのメッセージ No.3 吉田哲朗社員からのメッセージ No.3 吉田哲朗

入社理由

「小学生の頃から図工好き、
ものづくりに興味がありました」

小学生の頃からのものづくりへの興味が中学生の頃により明確になり、高校、大学は工業系を選び進学しました。
企業を選ぶ上で、ものづくりをしたいという思いからアビストに入社しました。

新人時代の思い出

「周りのサポートに助けられた新人時代」

大学では2D-CADを使っていたのですが、入社当初はやはり大変でした。
3D-CADを使うのも精一杯の状態だった当時は、周りのサポートに助けられましたね。
私のように知識ゼロでも3D-CADの使い方など必要な知識はしっかりと学んだ上で現場に行けるし、現場でも先輩たちに実践的なことを教えてもらえる、アビストはそんな環境が整っている会社だと思います。

従事している業務

「医療機器の制御装置の設計を担当」

現在は医療機器系の取引先でCADを駆使した製品設計を行っています。
私は医療機器を制御する装置を主に担当しており、基本設計・モデリングから、市場に出せる状況かどうかの組み立て確認・評価試験するところまで一貫した業務を対応しています。 日々の仕事では、前回よりもっと良くできないかということを常に意識していますね。
同じ物をただ作るだけというのは嫌なので、良いアイディアがないか?使う人の事を考えて良いものを生み出したいという気持ちが強いです。
同じことを繰り返すのが苦手というのもあって(笑)、常にプラスアルファ何かできないかを考えるように心がけています。

やりがい

「形ないものを形作るということが、喜び」

システム全体を動かすために必要な装置の一つを担当しているということで、責任感もありますし、常にやりがいを感じています。
形ないものを形づくっていくという喜びもあります。
ものづくりというと車などをイメージしがちですが、他にもさまざまな分野でものづくりが必要とされているということは働いてみて発見した部分です。
学生のときにはものづくりに対して、ざっくりとしかイメージがなかったのですが、実にたくさんの分野で自分が携わっている「ものづくり」が活躍していることを実感できていることもうれしいですね。

就職活動中の皆様へメッセージ

私もそうだったのですが、学生のときは自分が何をしたいということがわからない方もいるかもしれません。でも自分が素直に何をしたいかをイメージすることが、何より大切だと思います。やりたい分野に一歩踏み出して、自分の目で見てその業界がどういうものなのかをまずは知ることから始めてほしいですね。そういうチャレンジをする勇気があれば自分のやりたい仕事もできるはず。行動に移さないと何もはじまらないので、とにかく実行あるのみです!

このページの先頭へ