社員からのメッセージ

社員からのメッセージ No.2 木元大貴社員からのメッセージ No.2 木元大貴

入社理由

「金融のシステムをつくるという
仕事に興味を持った」

大学の情報学部でプログラミングなどを勉強していたため、パソコンなどの基礎知識はありました。
企業説明会でアビストが金融システムの業務を行なっていることを聞いて、金融、お金の仕事は仕事自体なくなることがなく将来も仕事が増えていくと思い、興味を持ち志望しました。

従事している業務

「銀行のシステム設計や管理
メンテナンスと多岐にわたる仕事」

銀行のシステムの設計や構築、維持、管理に携わっています。
不備があればその対応をしたり、機能を追加したり、メンテナンスしたりと業務内容は多岐に渡ります。
最初は慣れないことも多く戸惑いもありましたが、今ではいろいろな仕事を任せていただけるようになりました。

新入社員研修の思い出

「現場がどういう場所かを
イメージすることができた」

入社後約2カ月間の新入社員研修がありました。
情報系の研修ではもちろん知識も学べるのですが、教えてくれるのは実際の職場で働いていらっしゃる先輩方。
合間にいろんなお話しを聞くことができ、現場がどういう場所かイメージしやすくなりました。
研修が実際の仕事に直結していると感じましたね。

仕事のなかでの工夫

「作業前に理解するまで聞く
ムダがなくなり、仕事が円滑化」

わからないことがあればすぐ聞くということを意識しています。
自分ではこうかなと思っても実際は違うことが意外に多いと思います。
作業前にお互いの認識が合っているかをしっかり確認するように心がけています。
わからない部分を質問し、話しをすることは大切です。
認識を合わせることでムダな作業もなくなりますし、その後の作業も円滑に進めることができます。

仕事のやりがい

「仕事を無事に完了したときに感じる、
大きな達成感」

仕事を任せてもらってそれをやり遂げたときに喜びを感じますね。
業務によりますが、一つの仕事が1カ月から1年など時間がかかることも多いんです。
なので、無事完了できたときは達成感を得ることができる業務ですね。
同時に仕事が終わる度に反省点が生まれるので、次はこうしていこうと考える勉強のタイミングにもなっています。

今後の目標

「丁寧に仕事をすることで信頼関係を築きたい」

今よりももっと多くの仕事を任せてもらえるようにがんばりたいです。
そのためには知識を身に付けるだけではなく、基本的なことですが期限を守る、丁寧に仕事をするということが大事だとも思っています。
また仕事の量だけでなく、質も高めていきたいと思っています。
仕事をするうえでの信頼を得て、もっと多くの業務を任せてもらえるようになりたいです。
そしてそれが会社全体の仕事の増加にもつながればうれしいです。

就職活動中の皆様へメッセージ

就職活動は選択肢がとても多いです。職種やその仕事内容をよく調べておくことが大切です。就きたい仕事や業務がどんな仕事なのか、実際にはどういうことをするのかを調べて、自分のなかでイメージしておくと活動がしやすいですし、入社後のギャップもなくなります。アビストは、いろいろな業種とのお取引があり、幅広くたくさんの仕事に関わるチャンスがありますので、魅力的だと思います。

このページの先頭へ